株の初心者です。分散投資とは何ですか?

株の初心者であれば絶対的にそうして欲しいのがリスク分散投資です。

投資リスクを最小化する方法をお話ししましょう。

■分散投資は株の損失を最小限にする手法。

分散投資、リスク分散投資というのは、株式運用のリスクを最小化するための投資法です。

簡単に言うと、1つの銘柄にすべての資金をつぎ込まないようにして、業界を変えて複数の株銘柄に分散投資することです。

不動産関連株に投資していて株価が下落しても、ITや食品関連など違う業界の株に投資していれば、そちらは下落せずに平穏を保てます。

またA業界が不振でもBとCの業界が好調であれば、トータルでみて運用益が出ます。

投資法の基本がリスク分散投資です。

初心者であれば絶対的に守りたいスタンスです。

■小さい視野でのリスク分散、大きい視野での分散。

上記でお話ししたリスク分散は、言ってしまえば同じ株式市場の中での分散投資なので、かつてのブラックマンデーやルーマンショックのように、株式市場全般が冷え込んでしまうケースもあります。

それでも大丈夫なようにするには、大きな視野でのリスク分散が必要です。

たとえば株ではなく、不動産や金を購入しておくことです。

これは投資ではないので単なるリスク分散ですが、株式市場は絶対ではありません。

元本保証でない限り、株の世界の小さな視野で分散していても危険はつきまといます。

■初心者の場合のリスク分散は、2つの視野を合わせて複合的に考えましょう。

株式だけにのめり込まないことです。

まず小さな視野のリスク分散は、業界をわけて3つの銘柄に投資すること。

大きな視野のリスク分散としては、株式投資から離れて、低額からでも購入できる金に原資の一部を変えておくことです。

株式相場が低調なとき、金の相場は値上がりする傾向にあるので、けっこう助かります。